INFORMATION 最新のお知らせ

2019年 01月 28日 更新

このページを印刷する


イベント名新たな衛星データ利活用ビジネスに向けた知財戦略セミナー
カテゴリー

講座


開催日
イベント会場情報
イベント詳細情報
内容昨今、技術革新や新規参入企業の増加を背景に、宇宙由来の様々なデータの質・量が抜本的に向上しつつあります。
今や衛星データは、大学の研究や天気予報や災害だけでなく、企業のサービスでも活用され始めています。
本セミナーでは、衛星データ活用に期待が集まる背景や政府の関連政策を紹介するとともに、実際に衛星データを活用されている企業より、利用事例をご紹介いただきますのでご興味のある方は是非、どなたでもご参加ください。

〜開催概要〜
日時:平成31年2月13日(水)15:00〜17:30(受付:14:30〜)
場所:福岡市科学館 6階 サイエンスホール(福岡市中央区六本松4-2-1)
定員:100名(先着順)
参加費:無料
主催:特許庁、九州経済産業局、九州知的財産活用推進協議会

【プログラム(予定)】
1.挨拶 九州経済産業局

2.講演「宇宙産業の動向と衛星データ利活用を中心とした政策の方向性について」
 講師:経済産業省 宇宙産業室 係長 中西 徹 氏

3.講演「宇宙の視点で登山の安全を見守る〜スマホアプリYAMAPの開発について〜」
 講師:株式会社ヤマップ 営業/企画マネージャー 吉川 裕樹 氏

4.講演「世界を切り拓くドローンベンチャーの事業構想力〜ニーズとシーズの捉え方〜」
  講師:テラドローン株式会社 UTM事業部 日本統括責任者 兼 システム開発部 マネージャー 小宮 憲太 氏

5.知財総合支援窓口の支援メニューのご紹介
 講師:福岡県知財総合支援窓口 相談対応者 藤井 崇男 氏

【本セミナーの概要及び申込方法】
当局HPに掲載している開催案内チラシ兼申込書よりFAXまたはメールにてお申込みください。
http://www.kyushu.meti.go.jp/event/1901/190118_1.html

【問い合わせ先】
 九州経済産業局 地域経済部 製造産業課
   担当者:仁田、相馬、中山
   電 話:092−482−5442
 

一覧に戻る

ページの先頭へ戻る